アンプ&ラック

6B4G(高域)

真空管アンプの事など何も分からない頃、プリアンプと
共に友人に作ってもらったアンプです。その後、コンデン
サー交換、ウッドパネル取付け等、自分なりに手を加え
ました。15年程なりますが球も切れる事無く、現在もその
力強い中低音と澄んだ高域は健在です。

ウッドパネルに使用した材は、大工さんがフローリングに
使っていた端材をもらってきて加工したものです。着色は
せず木の地色のままで、製作当初は深いワインレッド色で
素晴らしい発色でしたが、アンプの熱の為か少々退色して
しまいました。材種はアフリカ材のモアビと思われます。

71A(中域)

ケン・オーディオのキットです。
KEN-RADの球が付いていたのですが、最近切れてしまい
TEONEX、CUNNINGHAMを経て現在はRCAの球で鳴ら
しています。
0.5Wと小出力ですが、2440を駆動するには十分過ぎる程です。
ウッドパネルは桜材を使用しました。

サン・オーディオ SV-6V6SE

これは友人に頼まれて製作したのですが、3ヶ月程で原因
不明のヒューズ切れを起こし、系列ごとに部品を交換しては
チェックという作業を繰り返し、良い勉強になったアンプです。
欅材でウッドパネルを付けて上げたら、非常に気に入ってく
れて、現在D33をドライブしています。

ラック:1

このラックはD55を作った頃、その辺にある材料を集めて
やっつけ仕事で寝ずに一晩で作ったラックです。今見ると
強度不足や加工の荒さなどが気になります。製作当時とは
設置場所が反対になってしまったので、ちょっと使い難いです。

L=940 W=590 H=790
柱:米桧葉 100x47
棚板:米松 t=42mm
重量:40kg

ラック:2

プレーヤー製作に伴い、これまでのラックに載せられなく
なったので製作しました。前作の経験を生かし、より
厚くした棚板と極太の柱材を使い、噛合せを深く取り強度
を上げています。プレーヤーに使用したのと同じく、調整
可能に加工した鋳鉄製インシュレータを取付けました。

機器を載せると総重量は130kgを超えます。その恩恵か
CDプレーヤーの音質が向上しました。ソフトによっては
ちょっときつかった高域がしっとりと落ち着いて大変聴き
やすくなったのです。意外な副産物となりましたが、機器を
振動させると、これほどの悪影響を与えているという事が
分かりました。


L=500 W=730 H=610
柱:欅 φ120
棚板:米松 t=48mm
重量:35kg

トップページ
いろいろ雑記
アナログプレーヤー
075 2440のメンテと改造
ウッドホーン&ネットワーク
スピーカー
トランス類