プリアンプ改造記

トップページ
トップページ

’06 5/5 以前から予定してたプリアンプの改造ですが、最近になってやっと実行する事ができました。
振動対策で機器取付けベースのフローティング化とウッドワークです。昨年、真鍮&ステンレスインシュレータを
取付けてからは音質も向上し、振動に対してもゴム足より良くなっていると思われますが、フローティング化して
更なる振動対策と音質向上を狙って見ます。

CR型イコライザー付きプリアンプ
です。球が時々発振して高周波の
連続音を発し、前面パネルを指で
叩くとスピーカーから「コン!」という
音が出ます。
機器取付けプレートをフローティング
し、前面パネルを木で作り直して対策
します。
左はノーマル状態、右は遊びで端材
を利用して欅のウッドパネルを付けた
ものです。
フローティングさせるためにシャーシ
と干渉する四隅の部分をサンダ−で
切り落とします。

機器取付けベースとシャーシに穴を
開け4mmのタップを立ててワイヤー
で吊上げてシャーシから浮かせます。

シャーシから7mm程浮き上がらせました。
フローティング完了♪

試聴
前面パネルやシャーシを指で叩いてもスピーカーからは全く
音が出なくなりました♪(^.^)v これで球も発振しなくなれば
フローティング計画大成功!なのですが、肝心の音質・・・
Xでした(^.T) 一言で言うと締まりのない音です。極端には
変わってませんが、真鍮&ステンレスインシュレータを取付け
る前のゴム足に戻したような音です。振動をうまく吸収させる、
適度に振動させる・・・ 調整は難しいです。頭の中では振動を
止めれば良いと思ってたのですが、実際にやって見てその違い
にまた一つ勉強になりました。フローティング計画大失敗・・・
続いてウッドパネルを製作する予定です。干渉する部分が多いため設計にちょいと
苦労してます。更にサイド部分はどうって事無いのですが、前面パネルはただ単に一枚板で
作ってしまったのでは面白みが無いので、欅とカリンを曲線で貼り合せようかと考えています。
うまくいきますかどうか・・・
5/7 ウッドパネル製作開始

欅とカリンを完成寸法より
大きめに製材し、まず最初
に前面パネルの加工から
始めました。

型紙からベニヤへ書き写し
て型を作りルーターで曲線
に切り抜きます。


曲線合わせは難しく、端に
僅かな狂いがあっても対面
では大きな隙間となって表
れます。

友人の手を借り、貼り合せす
るまで二人で半日掛かかり
ました。木工ボンドで接着し
乾燥後、完成寸法にカット。

スイッチとボリュームの穴あけ加工をして
仮組みして見ます。

左右で欅とカリンに振り分けて見ました。
曲線で合わせた色の対比も良く完成が
楽しみです。(^.^)v

5/8

天板加工。

真空管とトランス等の
放熱を考慮してジグソ
ーで曲線カット。木口は
角度を付けて斜めに切
り抜きます。

組上げて仕上がりの
チェックをします。

遊びに来た大工さん
が「ケヤキに曲線で色
付けたの?・・・えっ!
カリンと貼り合せた?」
と唖然として見ていき
ました。(^.^)v
やったぁ〜♪

ニ液性ウレタン塗料で
ガン吹き塗装します。
色と木目が出てきまし
た。でもこれやると当分
部屋に入れられないん
だよなぁ〜・・・ ( ^ε^;)

5/11・12

シャーシにウッドパネル取付け用の穴あけ
加工して、スイッチ類の取付けプレートを
真鍮板で作り
表面をバフ掛けして取付けます。

   完 成


欅とカリンの色の
対比が美しいです♪
カリンは辺材の白い
部分を意図的に残して
アクセントを付けました。

音はどう変わるのか?

欅は根に近い部分の材料です。幹ではこのような木目は出ません。これまで使ってきた欅の中でも非常に
入り組んだ複雑な木目で美しいです。ただ、こういう木目は狂いも出やすく、既に天板は狂っています・・・ ^^;
カリンの方は全く狂いはありません。夕日に染まった雲のような素晴らしい木目です♪


5/14 音質の変化

音像がよりくっきりと浮かび上がるようになり音が引き
締まりました♪
高・中・低の各パワーアンプのボリューム位置が変わり
共に以前はうるさく感じた位置まで上げないとバランス
の崩れた音になります。これは振動が押さえられた事
により、その影響が軽減されたためでしょうか・・・

「ウッドパネルを付けただけで嘘をつけ♪」と言われ
そうですが、パワーアンプにウッドパネルを取り付けた
時は面積の違いか音質の変化は感じられなかったので
実際これほどの変化が出るとは思いませんでした。

ウッドパネル計画大成功(^.^)v
庭先の八重桜が美しいです♪