WE111C プリ⇔パワーライントランス

昨年4月にシャーシを製作してから9ヶ月・・・ SV-2 93B HS-1の製作、調整でそっちのけになって
ました。というのも、これまで使用していたUTC A-20で全く不満は無く、急いで作る必要が無かったので
例の如く「そのうち作ろう」と伸び伸びになってしまってたのです。先日時間が空いた時にふっと思い出したので
ケーシングして見ました。シャーシはカリン材一木削り出し、t:2mm厚真鍮板バフ仕上げ、ジャックはスーパートロン
配線材はNEGLEX 2515です。
サイズはL=200 W=270 H=180ですが重量は6.5kgとこのサイズにしては重いです。

試 聴

各楽器の輪郭、ボーカルがより鮮明になり一言で言うと「骨太」な音になりました。特筆すべきは
これまで出なかったような太く、伸びやかな中低音が出てきた事です。
UTC A-20と比べて果たしてどんな変化が出るのかと、 A-20の音質が優れていたので実は大して期待は
していませんでした。特性上もA-20の方がF特は伸びている筈です。しかし実際に聴き比べてみると111Cの方が
ずっと伸びやかな音に聴こえます。  う〜ん・・・93Bといい111Cといい Western Electric  恐るべし!

トップページ