愛聴盤
雑記
ラック
LCR型プリアンプ
アナログプレーヤー
オーデイオ関連

6B4G  6C33C-B  MOS・FET

カールホーン修復
スピーカー

復活オーディオ

2017/2/8
トップページ
昨年から計画を進めていた2台目のパワーアンプ・6C33C-Bを製作します。
構成は12AU7−6FQ7-6C33CB、ヒーターは全て交流点火で終段の6C33C-Bは時々調整が必要になりますが、固定バイアスです。
6C33C-Bは2分程のヒータープレヒートが必要なのでタイマーを二段に入れ、プレヒート終了後に一段目のタイマーでB電源が立ち
上がり、その後にスピーカー保護解除用の二段目タイマーを動作させるようにしました。これはB電源整流が半導体なので、電源が
立ち上った瞬間のショックノイズを防ぐためです。
この球は安定した音になるまで数時間掛る、ノイズが出る、球の特性が揃わない、プレヒートが必要、固定バイアスですらシャーシ
が60℃以上の温度になる等々、相当な曲者球?のようですが、バランスが良く深みのあるその音を聴いた時、次作パワーアンプは
これで作りたいと考えていました。球の発熱は相当なもののようですが、対策としてソケット直下にDCファンを取付け、切換スイッチで
全回転−OFF−1/2回転で運転できるようにします。
年初から部品を注文し始めています。
6C33C-B、この無骨さが良いです。この
球に見合った意匠をと考えています。
CADでいろいろと配置を考えましたが、部品が揃い始めたので現物合わせで何種かやって見ました。
左はオーソドックスな電源部と増幅部を左右に分けた配置で配線も楽です。右は電源部を中央に、
増幅部を左右へと分けた配置ですが、あまり見かけないやり方ですね。ノイズの心配はありますが
アンプ全体の重厚さを出すには右の配置の方が良いように思います。
意匠と回路図です。考えに考えた挙句の意匠はこのようになりました。金属板シャーシはプリと同じ真鍮板3mm厚です。
ウッドパネルの材種は杉の根杢か瘤杢材を使いたかったのですが、60mm以上の厚板材を探してはいるものの、なかなか見つけられません。
製作が可能か不可能かは別として黒檀を使った場合を考えて描いて見ました。製作が困難と思われる場所は上図の天板前面パネルと下図の
正面パネルです。特に正面パネルは上下を斜めに曲面で内側へ湾曲させ、前面は複合曲線で比翼状に曲面を付けています。柔らかい材なら
まだしも、気乾比重1.0以上の硬さの黒檀でこのような加工が私に出来るでしょうか(笑) 思い付くままに描いたデザインなので、やって見て
困難な場合は材種か意匠を変更します。
                             仕上予定 W:530 L:402 H:193 推定重量:23kg
正面パネルデザインを考えている時にふと、目の前にあったTVのリモコンが目に止ったのですが
縦横比がちょうど正面パネル程度だなと思い、裏面を見たら目に触れにくい場所であるにも係わ
らず、なかなか凝った良いラインを描いています。デザインのヒントは思わぬ所にありました。
騒音と風量を確認しながら定数を変えつつ、冷却
ファンの回転確認中です。全回転では騒音が気に
なり、1/2では風量が弱すぎるようです。3/5くらい
で良いかも知れません。
パワーアンプ
2017/3/3
シャーシ加工
6C33C-Bソケット取付板です。冷却ファンから取り込んだ空気を放射
するため、7.5φと5.5φの穴を合計36個開け、最後にソケット用の
39φの穴を中心へ開けます。
底板の加工です。冷却ファンは底板へ取付けるので、取り付け穴と給気
口用の77φの穴を開け、脱脂後すぐにサビ止め塗料で塗装しました。

各種の穴開け、バリ、面取りが終わりました。この後、この真鍮板に合わせてウッドパネルを製作した後にバフ掛け、塗装します。
設計上、真鍮板の寸法が決まるのが一番最後なりますが、これが無いとウッドパネルの製作が出来ません。間違いなくこちらの注文通りの
寸法で加工してくれれば問題ありませんが、曲げ加工で微妙な誤差、例えばプレス加工の時、加工材配置の水平直角度が僅かに0.5mm
狂っただけで天板面での対角寸法は大きく変わってしまいます。今回も1mmの誤差が出ていました。幸い、ウッドパネル側で製作時に吸収
出来る誤差ですが、先にウッドパネルを造っていたら納まらなくなりかねないところでした。
下穴を開ける時にポンチ穴一つ分ずれてもビスがきつくなったり、開口穴の中心がずれたりしかねないので、天板正面からも確認します。
多少のずれはビス穴を一回り大きくすれば修正できますが、修正するほどのずれは無かったので、これでシャーシ加工は終了です。
6C33C-Bソケット取付板はバイアス調整ボリューム、チェックピン、端子台などの他の部品の絡みが多い場所です。バイアス調整ボリュームは
シャーシ天板上からドライバーで調整するので、仮付けして問題が無いか確認中です。ボリュームシャフトを貫通させて天板上へ取付けるカレイ
ナットとボリューム取付ボルトとの突合せギャップは設計上0.5mmでしたが、気持ち良く寸法通りに納まりました。
ウッドパネル製作
2017/3/5
一山で購入した材の中に入っていた黒檀の床柱です。製品として加工
されてからだけでも30年は経っている材です。その硬さと杢目の大人
しさから使う事は無いだろうと思ってましたが、今回の意匠に映えるの
ではと考えて、早速使う事にしました。私の手に負えるものかどうか、
問題はその硬さです。
使用寸法に裁断しました。これまでも堅い木材ばかり扱っていたせいか
堅いのは間違いありませんが、想像していた程ではありません。この色
と汚れのせいで裁断前の木口を見ても木目がはっきりと見えず、芯去り
材だとばかり思っていたんですが、裁断したらしっかりと芯が入っていま
した。しかも裁断後数日でこのようなヒビが入る始末です。
各使用寸法に製材していきますが、さすがに毎秒0.5mm程度しか
切れません。短気を起こして早く切ろうと力を入れようものなら煙が
出てきます。
内部には亀裂が多数入っていました。光の反射で木肌が白っぽく見え
ますが、色が色なので、補修してもあまり目立たないかと思います。
芯去り材で木目も大人しい良材だと思ってましたが、いざ加工して見る
と芯持ち材でバンドソーから煙を上げ、手押しかんなではどの方向から
でも逆目が立ち、角は欠けやすく、トゲも刺さりやすい材でしたが、木取
り終了です。
天板をジグソーで切り出しました。今回のために円切り木工刃を
新たに三種購入し、これならと思える刃で切ったところ、焼けも
入らす、綺麗に切れました。ジグソーでこのような堅い木を快適
に切れるとは、刃物と工具の違いは大きいです。
正面パネルです。今回の加工の難所です。難しいのは上下の曲面加工
で、一定の曲面で削るのでは無く、中央から両端へ向けてねじりながら
削らなければなりません。そうしないと正面も複雑な複合曲線のため、
正面から見た場合、綺麗な曲線になりません。
大まかに加工が終了したので仮組みして見ました。正面からサイド
パネルへの仕上げ曲面加工は組み上げないと出来ません。少し
でもヒビの入りを抑えるために、とにかく早く組み上げて塗装した
いところです。
ウッドパネルの直角を正確に出し、真鍮板を乗せると右上はぴったりで
左上は1mm程の隙間が出ているのが分かるでしょうか?真鍮板曲げ
加工時の僅かな誤差はこういう所で現れます。個別の辺寸法は正方形
でも平行四辺形でも同じに出ますが、対角が変わってきます。
この歪みを吸収するため前側よりも後ろ側で1mm幅を広く作らなけれ
ばなりません。
2017/3/10
組み上げて最後の仕上げ加工を終え、塗装一回目です。やはり加工中
も数ヶ所に小さなヒビが増えましたが、こうなれば木も落ち着くでしょう。
予想以上だったのが黒檀の重さで、ウッドパネルだけで6kgの重量があ
ります。これに真鍮板と鉄製の底板を加えるとシャーシだけで11kgになり、
完成重量は27kgくらいになるかもしれません。
塗装の合間に真鍮板の仕上げをします。#400〜#1000のディスク
ペーパーで小さなキズを消して行き、最後はコンパウンドで磨き上げ
ました。
あまりやりたくは無い真鍮板の保護塗装ですが、放っておけばくすん
でしまうのでやらざるを得ません。どういう訳か木の塗装ではほとんど
付かないミストが、金属板だとどうしても表面に乗ってしまいます。
ストップシーラーx1、サンディングシーラーx3、仕上げ艶出しx2の合計
6回目の塗装を終えた直後の画像です。触れるようになってからチェ
ックして不満が無ければこれで塗装終了です。気温20℃/48時間で
塗膜硬度に達する塗料なので、このまま3〜4日間乾燥させます。
中央から両サイドへ向けて表面積を小さくしつつ、角度を深くしながら
削りました。光の明暗で角度の違いが分かるかと思います。加工に苦
労した部分ですが、手間を掛けただけ深みのある仕上がりになります。
正面パネル中央部の出しろはサイドパネル先端より7mm多く出しまし
た。設計時は12mmでしたが、仕上げて見ると出過ぎのように感じたの
で減らしたのですが、上下を削って表面積が少なくなるので両端より出
しろを多く取らないとバランスが悪くなります。
シャーシが完成しました。ここまでが長い道のりで、私としては
これで90%完成です。
各パーツを取付けていきます。ネジの総使用数、約100本ともなると
これが結構時間が掛り、組立だけで1日を要しました。
2017/3/24
ファンは試運転の時と組付けた状態での風量や
騒音に変化があれば定数を変える必要があると
考えていたので、配線初期に確認しました。どち
らも問題無く、通風穴からは十分と思われる風量
が吹き出します。
6C33C-Bは独立した3.3Aのヒーターが2本ありま
すが、ヒーターはシングルで使用した方が良いと
言う話を聞いた事があります。後で簡単に変更
出来るようにカプラーで接続しました。
初段、ドライバー段付近へ終段までの全てのCR
類を集中させ、電源トランスからの離隔を取った
ため、思ったよりも窮屈でしたが、配線終了です。
完 成
バイアス-60V、プレート電流180mAで測定して見ました。クリップ直前での出力は11Wで
100dBクラスのスピーカーを駆動するには有り余るパワーです。異常発振も無く交流点火
によるハムノイズもスピーカーに耳を近づけなければ聞こえない程度なので一安心です。
1Wと11W出力時の周波数特性をグラフ化して見たものの、ほとんど変化はありません。
両端の落ち込みが少し早いかな程度で、他で公表されている6C33C-Bの特性とほとんど
変わりありませんでした。
気になっていた球の温度は手をかざすとかなり熱く、ファンOFFで207℃、天ぷらを揚げる
にしても熱いくらいです(笑) ファンを回すとぐんぐん温度が下がり始め最終的に159℃に
なり、50℃近く下がりました。ファンの効果は絶大で風量も関係無く、強弱を切り替えても
温度は一定です。騒音は1m程度離れた状態で強回転では聞こえますが、弱回転だとほ
とんど聞き取れない程度でした。
完成概容  W:530 L:402 H:193 重量:27kg
完成しました。意匠を考えている時に重厚感を出したいと思ってましたが、
イメージ通りに出来上がりました。ウッドパネルの材料となった床柱はいか
にも本黒檀(真黒:まぐろ)のようでしたが、削って見たら塗料へ黒の顔料
を混ぜた着色塗装でした。しかも木口まで丁寧に塗装する念の入りようで、
どおりで木目がはっきりしなかった訳です。
黒檀と銘打つ木は数種類あるようで一般には黒檀と言うと本黒檀と縞黒檀
が連想されます。この材はどの種なのか私には分かりませんが、カキノキ
科に見られる硬い、割れやすい、ヒビが入り易い、ゆえに加工困難と言った
共通性はありますし、今は加工後間もないので黒味掛った茶色ですが、
年月を重ねてどういう色に変化するのか楽しみです。ちなみに木片を水へ
入れたら沈みました。

それにしても完成重量が27kgにもなってしまったので、ひっくり返したり、
移動する時はかなり重いです。このアンプのB電源は10−160Vタップから
供給するという禁じ手を使ってます。0Vタップに接続しないと二次側でショ
ートしても一次側ヒューズが飛ばないため、二次巻線側へ6C33C-B定格
二本分の0.6Aのヒューズを入れたのですが、ホルダーの接触不良(音は
出るのに測定出来ない)や測定中、低周波入力切換え時にヒューズを二
回飛ばしてしまい、その度にひっくり返さなければならなかったので大変
でした。

試聴
この球はどれくらいのエージングでまともな音が出てくるのか分かり
ませんが20時間ほどCDをリピート再生してから聴いて見ました。
まず、8cmフルレンジでは特に不満な部分は無く、上から下までそれ
なりに良く出ています。
このアンプは低域用として使うつもりだったので、ウーハーへ繋いで
聴いてみたところ、太く重い低音が出てきました。太いのは良いですが
・・・重いです。音がスピーカーから離れないと言いますか、抜けが悪く
出来損ないの密閉箱で聴いているような低音です。他の部品はもち
ろん、球も全て新品なので後はエージングの進行に期待しましょう。
長所としては左右チャンネルの分離が良く感じられ、定位が向上しま
した。これは原図には無かったデカップリング回路を加えた事と、増幅
部を左右両端へ離した配置が功を奏し、クロストークが改善されたの
では無いかと考えています。
まだ音の出し始めなので、今後の数十時間、百時間を超えるエージング
でどのように音が変化して行くのか楽しみです。

2017/3/22
50時間ほど経過した時点でだいぶ音の出方が変わって来ました。重さが軽減され、抜けも良くなって来た感じです。
澤田勝成の三味線はこれまでに無い程のまろやかさが加わり、ソニー・ロリンズのサックスの太さ、鼓童の太鼓の
迫力も出て来ました。しかし、まだエッジが甘く音が前に出切れていないようで、更なるエージング後の音に期待です。
発熱は多く、朝から10時間以上通電している事もあり、このアンプ一台で部屋がほのかに暖かく感じます。多少肌寒
くはありますが暖房も入れようとは思わない程でした。
ウーハーボックス改造中はCDをリピート再生してエージングを進め、
150時間以上経過しています。さすがに音が馴染み始め、重さや抜
けの悪さは無くなり、十分に音質を楽しめるようになってきました。
低音の量感は十分で11Wものパワーがあるので最初はずいぶんと
ボリュームを絞ったつもりですが、それでも更に絞り込む必要があり
ました。高・中域にも繋いで鳴らして見たところ、6C33C-Bの無骨な
外観からは予想外の繊細で深みのある音を出します。低域で使う
つもりだったこのアンプは、高・低域では気にならないハムノイズが
中域で若干大きめに感じるものの、どの帯域で鳴らしても楽しめる
アンプとして無事、完成しました。

完成当初、ウッドパネルの継ぎ目は指で注意深く観察しても全く段差
を感じられない程、平らに仕上げたのですが、残念な事に天板とサイド
パネルの間に隙間が出来始め、塗膜にヒビが入ってしまいました。
材料には背割れまで入れてあり、数十年経った材でも塗装の目留め
程度では木の動きを抑えきれないと言う、私にとっては貴重な良い経験
になりました。この隙間がどの程度まで広がるのか見もの?ですが、落
ち着いた状態を見て修理か造り直しも考えなければならないでしょう。
無垢材の見極めは難しいですね。
2017/4/9
無念・・・ウッドパネル完成から一ヶ月余り、木の動きは未だに治まりません。
最初に亀裂を見つけた天板ーサイドパネル
の継ぎ目です。1/4程度だったのが半分以上
塗膜へヒビが入りました。左側も同じです。
左側の天板ーサイドパネルー正面パネル部分
の継ぎ目は光を当てると縮んだ部分が良く分か
ります。
右・正面パネルーサイドパネル部分の狂いは
下側10mmくらいから始まって日が経つにつれ
上部まで達してしまいました。
ここまで明確に狂ったのは一番最初にウッドパネルを造った6B4G、71Aで
使った桜材以来です。最初に塗膜のヒビを見つけた時は僅かでしたので、
そのまま落ち着いてくれれば塗装を全て剥がして補修するつもりでしたが
狂いは現在進行形で進んでいます。見極めを誤ると、30時間かけて製作
した物が無駄になり、こうなると諦めるか造り直すしかありません。
悔しいので性懲りも無く再び同じ黒檀を製材しました(笑) 材種としては一級材に上げられる物
なので、さすがに杢目も色合いも気に入ってますし、このアンプに良くマッチしていると思います。
仕上り寸法から1〜2割大き目に製材しました。どの程度の期間が必要なのか分かりませんが、
このまま乾燥させます。あるいは落ち着いたと思っても、内部まで乾燥していなければ仕上げ
寸法に加工し始めたらまた動きだすかも知れません。・・・いろいろと難しいです。
2017/4/15
ソケットはルーペで確認できる程、表面の荒れや汚れが見えます。真空管のピン径は
1.45mmなので1.5mmのキリで軽くさらおうとしたら、何の抵抗も無く入る場所が一か所
(グリット)、軽く接触する程度の所が二か所ありました。恐らくグリットピンは辛うじて接触
している程度だったのでしょう。ノイズの原因はこれです。このソケットは冷却ファンからの
風が通り易いように表面積の小さい物をと探して購入したのですが、高価な割には作りが
お粗末で、仕上の荒さや清掃しても取れない油汚れのようなものは初期から付いていて、
一見してあの国の製品と分かります。製作時にもっと良く点検しておくべきでした。ピンとの
接触部は奥まった確認し難い部分にありますが、かしめ直してキリでさらい、接触を向上さ
せます。
2017/6/1
6C33C-Bはノイズが出ると聞いていたので、時々出る「ガサッ、ボソッ」と言った音は一瞬
でもあり、あまり気にしていませんでしたが、最近はブーンと言ったハムノイズまで出るよう
になりました。シャーシを手で軽くコンと叩いてやると治まりますが、あまり気持ちの良いも
のではありませんので、ソケット廻りを点検して見ます。真空管のピンはルーペで覗いても
表面はそれほど荒くありませんが、#400のペーパーを当てると最初はガサガサした手応え
がありますが、数回こすると抵抗か無くなり、明らかに表面が滑らかになって行く手触りが
伝わってきます。
ノイズ対策 シングルヒーター化
テフロンソケット表面の穴は若干溶け気味で、茶色に変色しています。
真空管のピンへ接点復活剤を塗りソケットへ差し込むと、かなりがっちりとした手応えで
差し込めるようになりました。これで数時間鳴らして見ましたが、ノイズは全く出てきません。
こうなると6C33C-Bからノイズが出るのでは無く、多くの場合はソケットとの接触不良が
原因なのではないでしょうか。
音も落ち着いたので、裏蓋を開けたついでにシングルヒーターを試して見る事にしました。
ダブルヒーターの片側はカプラーで接続してあるので簡単に切り離し出来ます。
現在このアンプはミッドバスへ繋いでいます。中低域のみでの感想なので全域で再生した
場合はまた違うかも知れませんが、音を聴いて見ると下膨れ気味に感じた中低域が引き
締まりました。気のせいかな?とも思いましたが、4wayにする前から出なくなってしまって
いたあの「理想の定位」が再びちらほらと現れ始めたので勘違いでは無いと思います。
残留ノイズ、最大出力も一割程度低下しただけで大きな変化はありません。6.6Aのヒーター
が半分になったので、さすがに球の温度は低下しただろうと思いましたが、測定して見ると
145℃と、こちらも14℃しか下がっていませんでした。
考えて見れば元は軍用真空管、ヒーターが断線すれば機器が機能しなくなるのでダブルに
したと考えれば、片側のヒーターを点灯しなくても動作に大きな変化は無いのでしょう。
となればオーディオ的にはダブルで点灯する意味は無く、音的にも現状ではシングル点灯の
方が好ましい結果である事からも、むしろシングルヒーターで使用した方が、この球の問題点
である特性のバラつきなどから回避される可能性も考えられます。
ウッドパネル修理
再製作しようと製材しておいた黒檀は大きな亀裂が入ってしまい使えないので、現在のウッドパネルを修理する事にしました。
狂いはほぼ収まったように見えますが、まだ動く可能性も無い訳ではありません。継ぎ目は左右ほぼ同じように隙間と段差が
出て、爪が引っ掛かる程です。塗装を剥がし、段差を削り、隙間を目立たないように補修します。
2017/10/22
修理の間、何も聴けないのも寂しいので、板を挟んで空間を作り設置しました。まず、ベルトサンダーの定盤とベルトを水平にして上面の
塗装から剥がそうと数回通して見たら、中央の画像のように両端しか剥がれていません。え?と思いましたが、これは天板パネルの収縮
に伴い、サイドパネルが引っ張られたものと考えられます。そう言えば、前面パネルとサイドパネルの継ぎ目に入った塗膜のヒビは下の
方から入り始めていました。曲面部分はベルトサンダー、平らな部分はオービタルサンダーで塗装を落とし、段差を無くしていきます。
最後の仕上げ塗装が終わり、写真を撮ろうとモニターを見ていたら何やら動くモノが・・・何とカメムシがぬかるみに嵌まったような重い足取りで
塗り上げたばかりの塗面を歩いているではありませんか!(画像中央右下) ぎゃー!この狼藉者!!何て事を!!! 触覚をつまんで引っ張り
上げ、即刻斬首の刑に処しましたが、幸い小さな足先で塗った直後だったので事無きを得ましたが、小さな羽虫とかが貼り付くと手の施しようが
無く、塗り直すしかありません。過去に一度そういう事がありました。
完成直後のような訳にはいきませんが、一番目立つ天板とサイドパネルの隙間は、ほとんど分からない程度まで補修出来ました。
正面パネルとサイドパネルもうまくいきました。組み上げて修理完了です。どうかこのまま落ち着いてくれますように・・・・・